障害者のテーマで人権作文を書く方法とは?




障害者の人権とは?

障害者は、社会から長い間保護される存在であるとされて、もともと持っている人生を自分で決めたり、選んだりする権利は軽く見られがちでした。

障害者の権利を保護する条約を作るときに、障害者が「自分たちを抜いて自分たちのことを決定しないで」とアピールして、国連が条約を作るときに参画しました。

そして、2006年に国連は「障害者の権利に関する条約」を採択しました。

この条約においては、障害のために差別をしないこと、障害者の自己選択、自己決定の自由を尊重して、社会参加ができることなどが決まっています。

日本でも身近な問題として障害者の人権問題を捉え、心の障害を無くし、障害者の社会参画を促すためにどのようなことが可能かを考えることが必要です。

では、日本において障害者がやりたい仕事を探したり、自由に外出したりできる環境が整備されているでしょうか?

これまで、「ノーマライゼーション」という地域で障害者が普通に生活できる環境を整備するものを目指して、施設などが整備されてきています。

2016年4月に施行された障害者差別解消法のもとでは、今後障害者のニーズに応じて調整・変更を行う合理的配慮が要求され、障害があるために制限したり、サービスを断ったりすることが禁じられます。

障害者など全ての人が暮らしやすい社会にするためにも、十分な理解と配慮が要求されています。

障害者の人権作文の書き出しとは?

障害者の人権作文は、まず書き出しが必要になります。

しかし、アイデアが全くない状態ではどのような書き出しがいいかわからないでしょう。

ここでは、障害者の人権作文の書き出しについてご紹介します。

障害者の人権作文を書くときは、ぜひ参考にしてください。

「ある日、エレベーターに点字ブロックがあることに気が付きました。自分はどのようなことが書いてあるのか全くわかりませんでしたが、おそらく1Fと書いているのだろうと思っていました。目が見えないときは、頼りになるのはこの点字ブロックだけになります。このように思ったときに、自分は非常に恐ろしくなりました。目が見えない暮らしとはどのようなものでしょうか。恐ろしくてエレベーターに乗ることもできなく、家から外出することもできないでしょう。」

「ある日、電車を自分が待っているときに、駅員さんがすぐそばに来ました。どうしたのかと思って見てみれば、そばに車いすに乗った方とこの方の知人のような方と板を持った駅員さんがいました。電車が着いたときに、持っていた板を駅員さんは電車に橋渡しして、電車に車いすに乗った方を乗せていました。」

障害者の人権作文の書き出しは自分の身近に起きたことにして、障害者の人権にこれをきっかけに関心を持ったとすれば書きやすくなります。

障害者のテーマで人権作文を書く方法とは?

基本的人権とは、人は誰でも生きる権利が同じようにあるということです。

この基本的人権が不平等ではないかを考えることが大事です。

例えば、障害者のみが普通に暮らす権利を侵されたり、出身地や生まれた家によって差別されたりするような社会をできる限りよくしたいということを、人権作文には書くことが必要です。

「自分は、差別はいけないことであると小さいときから教えてもらいました。しかし、差別は日本中の人がこのように教えてもらっているのに無くなりません。自分の優越感を保つために、差別をわざとするときもあるでしょう。しかし、いったことや行ったことが差別になるということが全くわからなくて相手が傷付くことが非常によくあります。というのは、自分中心にいったり、行ったりするときが多くあるためです。そのため、自分は、社会にさまざまな障害者がいることを考えて、いたわりの気持ちで周囲の方に接することができるように生活する必要があると思っています。」

このような文章の中に、自分が体験した実際の差別の例を入れると話がわかりやすくなります。

例えば、次にご紹介する例文の組み立ては、生活環境を改善するために努力したことが障害者をかえって差別するようになったことをベースにしています。

「押しボタン式の信号機を歩行者のことを考えて取り付けた結果、この信号機の柱が障害になって車いすが通行できなくなった。」

「快適にお客さんが食事を摂れるように、ペットお断りとして犬の臭いがしないように看板を設置した結果、レストランに盲導犬が入れないようになった。」

このように、実際の例としてはさまざまあるでしょう。

できる限り、自分の生活において体験したことがおすすめです。

そして、自分が考えている将来の社会をまとめるというようになります。

障害者の人権問題

ノーマライゼーションとバリアフリー

■例文

おすすめの記事